リハビリメイクという造語には、身体の機能にダメージを受けた人のリハビリと同様に、顔などの外観に損傷を被ってしまった人がもう一度社会に踏み出すために習うノウハウという意味が込められているのです。
かつ、肌のたるみに大きく絡んでくるのが表情筋。これは色んな表情を作る顔の筋肉を指しています。真皮に含まれているコラーゲンと同様、表情筋の機能も加齢に従い低下するのです。
美容外科というのは、いわゆる外科学の中の一つで、医療中心の形成外科(plastic surgery)とは異質のものだ。加えて、整形外科学と間違われがちだがこれも異分野のものだ。
日本の医療全体がQOL(quality of life=生活の質)を大切に捉える傾向にあり、製造業を始めとする市場経済の進歩と医療市場の急速な拡大もあって、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は現在最も注目されている医療分野であることは間違いない。
そういう状況で多くの医師が処方するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体である。外用抗菌薬と併用すると半年前後で完治に導くことができる場合が多い。
内臓の健康状態を数値で確認できる素晴らしい機械があります。『ノイロメーター』という名前の機械で、人間の自律神経の状況を計測して、内臓が健康かどうかが確認できるという内容のものです。
深夜残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・次の日のお弁当や食事の下準備…。皮膚に悪いというのは承知していても、毎日の生活ではしっかりと睡眠を取れない方が大半を占めているのは明らかです。
現代社会に生きるにあたっては、体の内部には人体に悪い影響をもたらす化学物質が蓄えられ、加えて自分の体の中でもフリーラジカルなどの活性酸素が次々と作られていると言われているらしい。
「デトックス」術に問題やリスクはまったく無いのだろうか。第一、体に蓄積されてしまう毒物とはどのような性質のもので、その「毒素」は果たして「デトックス」の力で体外へ排出されるのだろうか?
ネイルケアとは爪を更に美しい状態にして維持することを目的にしているため、爪の健康状態を知っておくとネイルケアの技術向上のためにより役立つし無駄がないのだ。
アトピーを塗布薬だけで完治させようというのには無理があると言えます。生活環境や趣味など生活全ての目的まで拡げたような治療方法が必要です。
美白の化粧品だと正式な媒体でアピールするためには、まず厚労省の許可が下りている美白成分(特にアルブチン、コウジ酸の2種類)を取り入れている必要があります。
今を生きる私たちは、日を追うごとに体の中に溜まっていくという深刻な毒を、色々なデトックス法を試用して追い出し、絶対健康になりたいと努力している。
メイクアップでは隠す行為に専念せず、リハビリメイクを通して結果的に患者さん本人が自らの容貌を受け入れることができ、復職など社会復帰を果たすこと、かつQOL(クオリティーオブライフ)を更に上げることが目標なのです。
夕方でもないのに普段さほどむくまないはずの顔や手に酷いむくみが見られた、しっかり睡眠をとっても脹脛のむくみが取れない、などの場合は疾患が隠れている可能性があるので内科医の適切な診療を直ぐ受けることが大切です。